TOP

セガサターン|【レトロゲームラボ】

レトロゲームラボ
お問合せ
クリアスペース

セガサターン

セガサターン
レトロゲームラボ > セガサターン
メーカー名 セガ
国内発売日 1994年11月22日
売り上げ台数 580万台 【国内】
競合機種 NINTENDO64
プレイステーション
3DO
Atari Jaguar
PC-FX
ソフト一覧【発売日順】はこちら
クリアスペース
初代プレイステーション発売より11日間早い1994年11月22日に「セガサターン(セガ)」はメガドライブの後継機としてバーチャファイターを引っさげて発売されました。また、ハードの開発に係わった日本ビクター(Vサターン)と日立(Hiサターン)からも互換機が発売されました。

その後も「バーチャファイター2」「デイトナUSA」「セガラリーチャンピオンシップ」等のセガの看板ともいえる作品を移植し発売。
およそ2年間はプレイステーションと共にゲーム業界を引っぱってきました。

しかし、スクウェアが大人気RPG「ファイナルファンタジー」をプレイステーションで発売すると発表後から市場に大きな変化が現れてしまいます。
そして追い討ちをかけるかのように、まさかの「ドラゴンクエスト(エニックス)」までがプレイステーションで発売を決定!
これまで均衡を保っていたサターンは惜しくも劣勢を強いられることになりました。
セガサターン発売から4年を経て、セガはドリームキャストを1998年に発売し、幕を閉じました。

ちなみに当時は一般的に、2Dのサターン、3Dのプレステとの認識が広がり始めました。理由は、ハードを開発する時点で、サターンはメガドライブを受け継ぐべく2D描画をメインとした設計で開発されました。それに対しプレイステーションは3Dであるポリゴンをメインとして設計されたからです。
サターンも3D表現は可能でしたが、あくまでもスプライトと呼ばれる機能を変形させて1枚1枚をポリゴンと同じように描画させていました。つまり擬似ポリゴンだったのです。
逆にプレイステーションで2Dゲームを作ろうとすると、ポリゴンにドット絵などで作成されたキャラクターなどの絵をテクスチャーとして貼り付けて描画させてました。

上記の理由から、当時2Dの多かったアーケードゲームの移植作品はセガサターン版の方が優れたものが多く(ゲームプレイ中の描画スピード等が実記に近い)発売され、レトロゲーム好きな方には未だに重宝がられてます。

本体同時発売ソフト

本体同時発売ソフト
  • バーチャファイター
  • ワンチャイコネクション
  • MYST
クリアスペース
  • TAMA
  • 麻雀悟空 天竺
クリアスペース

ソフトレビュー一覧

ソフトレビュー一覧
  • アウトラン
  • ジャンル : レース
1996年09月20日 セガ レビューを見る
  • ワンチャイコネクション
  • ジャンル : アドベンチャー
1994年11月22日 セガ レビューを見る
  • デジタルピンボール
    ラストグラディエーターズ
  • ジャンル : ピンボール
1996年11月15日 カゼ レビューを見る
  • ダイナマイト刑事
  • ジャンル : アクション
1997年01月24日 セガ レビューを見る
  • 海底才戦争
  • ジャンル : シューティング
1995年12月15日 イマジニア レビューを見る
  • 首領蜂
  • ジャンル : シューティング
1996年04月26日 アトラス レビューを見る
  • 首領蜂
  • ジャンル : ピンボール
1996年11月15日 カゼ レビューを見る
クリアスペース
HOMEARCADENEOGEOPanasonic 3DOSEGA SATURNDreamcastREPORT
Copyright(c) 2010 RETRO GAME LABO All Rights Reserved.