TOP

海底大戦争(イマジニア 1995年)|セガサターン|【レトロゲームラボ】

レトロゲームラボ
お問合せ
クリアスペース

海底大戦争【セガサターン】

海底大戦争【セガサターン】
レトロゲームラボ > セガサターン > 海底大戦争

ゲーム情報

アンカーポイント
海底大戦争【セガサターン】
  • メーカー名
  • イマジニア
クリアスペース
  • ジャンル
  • シューティング
クリアスペース
  • プレイ人数
  • 一人用
クリアスペース
  • 発売日
  • 1995年12月15日
クリアスペース
  • 価格
  • 7,140円
クリアスペース
  • プラットホーム
  • セガサターン
クリアスペース
  • おすすめ度
  • ☆☆☆☆☆☆☆☆☆
クリアスペース
クリアスペース
ちょっとくすんだ色使い。通称「アイレム色」と呼ばれる色使いは「R−TYPE」から受け継がれ、その真骨頂とも言えるのが今回ご紹介する「海底大戦争」ではないかと思います。

何度か書いてますが潜水艦を題材にしたゲームが大好きな私は、このゲームをゲームセンターで見たときは、ヨダレものでした。
勿論、即100円玉を投入!細部にまで書き込まれた背景やキャラクター、爆発などのエフェクトに至まで、その美しさに圧倒されました。………そして難易度の高さにも圧倒され、あっという間に100円玉を5枚ほど筐体に呑み込まれ敗北感を味わいました(笑)
「これが家庭用に移植されたらなぁ〜存分に遊びたいのに……」と思いながらゲームセンターを後にしたものです。

その後、開発元のアイレムがゲーム部門から撤退というニュースを聞いて、家庭用移植の期待は立ち消えてしまいましいた。

………が、な、なんと2年後にセガサターンとプレイステーションから発売されると聞いた途端、もうこれは買うっきゃない!と思い発売日にヨドバシカメラに足を運びました。
いやぁー嬉しかったですねぇ〜!!ヘタレな私でも、お金を気にせずガンガンコンティニューしてプレイを継続できたのですから!かなり忠実に移植されていて、再度細部にまで描かれたグラフィックに驚きました。

ゲームシステムも強制スクロールではないのが、より潜水艦で突き進むという感じが実感できて私好みなんです。
そうそう、同じアイレムから発売された「Mr.HELIの大冒険 」というゲームも同じように任意スクロールで大好きなゲームでしたよ。

今この文章を書きながら横にケースに入った「海底大戦争」を見ながら、これを買ってから15年もの歳月が経ったのかぁ〜と思うと、縁側でお茶を飲みながら昔を懐かしむ老人のようになってしまいましたとさ!

あっ!この海底大戦争のグラフィックは、SNKからリリースされた「メタルスラッグ」へ受け継がれてます。
確かアイレム(本社 大阪)がゲーム開発から撤退した時、開発の方々はカプコンとSNKに流れたという噂を聞いたことがあります。
多分、このゲームを開発した人達はSNKに行ったのかもしれませんね。

ゲーム概要

アンカーポイント
ゲーム概要

1993年にアイレムからアーケードゲームとしてリリースされた「海底大戦争」のセガサターンへ移植したシューティングゲーム。

プレイヤーは潜水艦を操作して、敵を撃破しながら様々な海底を任意スクロール(一部強制スクロール)で突き進みます。

攻撃方法は、2つのボタンを使い魚雷や爆雷を発射します。ステージは全部で6ステージ。

敵の攻撃や強制スクロール時に障害物に挟まれる、または制限時間オーバーなどで自機を失います。

クリアスペース

ストーリー

アンカーポイント
ストーリー

地球の環境破壊を目的とする謎の組織「D.A.S.(デストロイ・and・殺戮)」が発動させた磁力兵器によって、全世界のほとんどは水没し、多くの命が失われた。
人類は瀕死の状態に陥っている。

D.A.S.に対抗するための人類最後の希望・国際海洋警備隊は、最終兵器「ユグスキューレ」がまさに発動しようとしているとの情報をキャッチした。
南極で新型潜水艦「グランビアフィメール号」のテストトライアル中だった高原麗に緊急出動命令が下る。

麗は、夫・仁の「グランビアメール号」と共に、ユグスキューレの発動を阻止するため、D.A.S.の本拠地に向かった。しかし、行く手には幾多の困難が待ち受けている。はたして、ユグスキューレを阻止することはできるのか。また、D.A.S.の野望を打ち砕けるのか。
混沌の深海で迎える結末は、誰も知らない…。

操作方法

アンカーポイント
操作方法
十字ボタン 自機操作
Xボタン ………
Yボタン ………
Zボタン ………
Aボタン 魚雷で前方を攻撃
Bボタン 機雷・ミサイルで上下に攻撃
Cボタン 魚雷・機雷・ミサイルを連射
Lボタン ………
Rボタン ………
STARTボタン ゲームスタート/ポーズ
クリアスペース

画面説明

アンカーポイント
画面説明

キャラクター紹介

アンカーポイント
キャラクター紹介
  • ケーブマン級潜水攻撃艇
    「アーゴック」
  • 自動工作機械マスターデバイス
    「マンリキ」
  • 防人サブヒューマン
    「荘厳(そうごん)」
  • SICBMコントロールユニット
    「トランペットリリーズ」
  • 岩石宮の主 邪悪の3条
    「J3(ジェイ・キューブ)」
  • 人類掃討システム
    「ユグスキューレ」

ステージ紹介

アンカーポイント
ステージ紹介
  • 1ステージ:南極
  • 2ステージ:復興の都市
  • 3ステージ:地球鎮守府
  • 4ステージ:亡霊都市
  • 5ステージ:超深海2000m
  • 6ステージ:VS人類掃討システム
クリアスペース

他のプラットフォーム

アンカーポイント
他のプラットフォーム
他機種の作品
ゲーム名 メーカー プラットホーム 発売日 価格
海底大戦争 エクシング・エンタテイメント プレイステーション 1995.11.10 5,800円
空スペース 空スペース 空スペース 空スペース 空スペース
海底大戦争
(セガサターン)
空スペース 海底大戦争
(PS)
空スペース 空スペース 空スペース 空スペース
空スペース 空スペース 空スペース 空スペース 空スペース
クリアスペース
HOMEARCADENEOGEOPanasonic 3DOSEGA SATURNDreamcastREPORT
Copyright(c) 2010 RETRO GAME LABO All Rights Reserved.